ここから←●→ご契約条件

■■診断書の実例■■

●以下のような体裁の診断書を発行します


=MRI報告書=

■氏名:○○ ○○   生年月日:T05/01/02 81才 F

■IDNo:85XXXXX  

■検査年月日:97/01/08  依頼施設:三島病院 X病棟 依頼医師:○○

■検査部位:Brain     検査症状/疾患:Dementia/ATD

<所見>

T1強調画像(SE,Sag/Cor);
 中脳は小ぶりであるが、橋・小脳に萎縮ない。下垂体に異常なし。脳梁・乳頭体に萎縮を認める。第III脳室・側脳室およびシルビウス裂の拡大を認める。側頭葉、特に海馬の萎縮(図)を認める。

強調画像(FLAIR,Ax);
 脳全体特に側頭葉の萎縮を認める。基底核にEtat crible多発。

T2強調画像(FSE,Ax);
 右前頭葉深部白質病巣、脳室周囲病巣(PVH:2/5)を認める。脳血管のFlow void に異常なし。上顎洞に副鼻腔炎あり。

■MRDX:1) Temporal lobes atrophy.
     2) Marked hippocampal atrophy.
     3) Minimal small infarcts.

■コメント:
側頭葉内側面(海馬)の萎縮は、進行したAlzheimer病に一致する所見。
白質病巣は進行したAlzheimerに見られるLinear typeのPVHである。中脳萎縮はこの時期のAlzheimerに一般的に見られるものであり、PSP/Parkinsonを考慮する必要はない。

1997/01/09 診断医:関

■備考:典型症例

■最終診断:アルツハイマー病、1997/04現在(臨床診断)

<<医師以外の方のために日本語で記載しています。主治医も所見をご確認ください>>
<<セキMRI診断サービス、MRI診断経験10年、総診断件数8820例>>


ご注意:この診断書は桐V5で記載された診断書を、可能な限りHTMLファイルに転記したものです。ファイルメーカProで作成した最新の診断書は、所見がある場合は画像が添付されています。