世界遺産ガイド−第29回世界遺産委員会ダーバン会議−





世界遺産ガイド−特集 第29回世界遺産委員会ダーバン会議−  

監修

古田陽久、古田真美

企画・編集 世界遺産総合研究所

発行

シンクタンクせとうち総合研究機構

定価

2100円(本体2000円)

ISBN

4-86200-105-X 

発行

2005年9月15日

判型

A5

頁数

128ページ


当シンクタンクの書籍の注文について

本書の注文について



【本書の特色】第29回世界遺産委員会ダーバン会議を特集

2005710日から17日まで南アフリカのダーバン市で開催された世界遺産委員会ダーバン会議を特集。新たに「世界遺産リスト」に登録された日本の「知床」など24物件、既登録物件のうちその登録範囲が拡大された6物件、それに、「危機遺産リスト」に新たに登録された1物件の概要を紹介。また、今回の世界遺産会議を傍聴した印象、それに世界遺産を通じた南アフリカの印象なども掲載。



【目  次】


■第
29回世界遺産委員会ダーバン会議の概要
 

   訪問記 6-10

   
29回世界遺産委員会で審議された物件(グラフ)

     第
29回世界遺産委員会の審議対象としてIUCNICOMOSが評価した物件 11 
      29回世界遺産委員会で審議された物件 11-13 
     第29回世界遺産委員会で新たに登録、或は承認された物件 13 

     
29回世界遺産委員会で新たに世界遺産リストに登録された物件 

      遺産種別 14
     地域別 14
 
      29回世界遺産委員会で新たに登録された物件リスト 16-17
     第29回世界遺産委員会で新たに登録された物件分布図 18-19

   世界遺産分布図 
20-21

     グラフで見るユネスコの世界遺産

       
遺産種別 22
       
地域別 22
       
界遺産登録物件数の推移 23
       
世界遺産条約締約国の推移 23
       
登録物件数上位国 24
       
自然遺産の数上位国 24
     文化遺産の数上位国 
24

     危機にさらされている世界遺産 

      危機にさらされている世界遺産 25
    世界遺産を取り巻く脅威と危険 26
     危機遺産の登録、除外の推移 26
       
危機遺産の登録、除外の変遷 27
     危機にさらされている世界遺産分布図 
28-29


■世界遺産リストに新たに登録された24物件の概要


    ●オスン・オショグボの聖なる森 Osun-Osogbo Sacred Grove(ナイジェリア) 32
    ○フレデフォート・ドーム Vredefort Dome(南アフリカ) 34
    ○ワディ・アル・ヒタン(ホウェール渓谷)
 Wadi Al-HitanWhale Valley (エジプト)36
    ●バーレーン要塞考古学遺跡 
Qal'at al-Bahrain Archeological Site(バーレーン) 38
      
●ソルタニーイェ Soltaniyeh(イラン) 40
      
●クフナ・ウルゲンチ Kunya-Urgench(トルクメニスタン) 42
    ○ドン・ファヤエン
- カオヤイ森林保護区Dong Phayayen - Khao Yai Forest Complex(タイ)44
      
●澳門の歴史地区 Historic Centre of Macao(中国) 46
      
○知床 Shiretoko(日本) 50
      
●聖書ゆかりの遺跡の丘−メギド、ハツォ−ル、ベール・シェバ
        
Biblical Tels - Megiddo, Hazor, Beer Sheba
(イスラエル) 56
      
●香料の道-ネゲヴの砂漠都市群 Incense Route - Desert Cities in the Negev(イスラエル) 58
      
●シラクーサとパンタリカの岩の墓 Syracuse and the Rocky Necropolis of Pantalica(イタリア)60
      
オーギュスト・ペレによって再建された都市ル・アーヴル
        
Le Havre, the city rebuilt by Auguste Perret
(フランス) 62
    ●プランタン・モレトゥスの住宅、作業場、博物館

        
Plantin-Moretus House -Workshops-Museum Complex
(ベルギー) 64
      
●ネスヴィシェにあるラジヴィル家の建築、住居、文化の遺産群
        
Architectural, Residential and Cultural Complex of the Radziwill Family at Nesvizh

       
(ベラルーシ) 66
      
●シュトルーヴェの測地弧Struve Geodetic Arc (ベラルーシ・エストニア・フィンランド・ラトヴィア      ・リトアニア・ノルウェー・モルドヴァ・ロシア連邦・スウェーデン・ウクライナ) 68
    ●モスタル旧市街の古橋地域 
Old  Bridge Area of the Old City of Mostar
     (ボスニア・ヘルツェゴヴィナ) 
72
    ●ギロカストラの博物館都市 
Museum -City of Gjirokastra(アルバニア) 74
    ○西ノルウェーのフィヨルド−ガイランゲル・フィヨルドとネーロイ・フィヨルド
         
West Norwegian Fjords - Geirangerfjord and Naeroyfjord
(ノルウェー) 76
    ●ヤロスラブル市の歴史地区 
Historical Centre of the City of Yaroslavl(ロシア連邦) 78
    ○カリフォルニア湾の諸島と保護地域
   Islands and Protected Areas of the Gulf of California
     (メキシコ) 
80
      
○コイバ国立公園とその海洋保護特別区域
         
Coiba National Park and its Special Zone of Marine Protection
(パナマ) 82
      
●シェンフェゴスの都市歴史地区 Urban Historic Centre of Cienfuegos(キューバ) 84
      
●ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場
         
Humberstone and Santa Laura Saltpeter Works
(チリ) 86


 ■自然遺産から複合遺産になった物件

    ◎セント・キルダ 
St Kilda(イギリス) 90


 ■登録範囲が拡大された物件 


    ●スタークフォンテン、スワークランズ、クロムドラーイと周辺の人類化石遺跡
        
Fossil Hominid Sites of Sterkfontein, Swartrans, Kromdraai, and Environs
(南アフリカ) 94    ○ナンダ・デヴィ国立公園とフラワーズ渓谷国立公園
        Nanda Devi and Valley of Flowers National Park
(インド) 96
    ●インドの山岳鉄道群 Mountain Railways of India(インド) 98
    ●
ベルギーとフランスの鐘楼群 Belfries of Belgium and France(ベルギー/フランス) 100
      
ローマ帝国の国境界線 Frontiers of the Roman Empire(ドイツ/イギリス) 104
    ●アントニ・ガウディの作品群 Works of Antoni Gaudi(スペイン) 106


 ■危機にさらされている世界遺産リストに新たに登録された物件  


    ●ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場
        
Humberstone and Santa Laura Saltpeter Works
(チリ)★ 110


 ■危機にさられている世界遺産リストから除外された物件  


      
●トンブクトゥー Timbuktu(マリ) 114
    ●ブトリント 
Butrint(アルバニア) 116
    ○サンガイ国立公園 Sangay National Park(エクアドル) 118


 ■索 引 
121-123



















世界遺産シリーズに戻る
世界遺産と総合学習の杜に戻る
シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る
世界遺産情報館に戻る
出版物のご案内に戻る
出版物ご購入のご案内に戻る