新幹線の世界遺産化可能性を探る





 新幹線(The Shinkansen)は,日本の主要都市を結ぶ標準軌間のJR超高速鉄道。東海道新幹線は,1964年10月に,東京オリンピックの開催に合わせて,最高時速200kmを常時維持し,東京駅と新大阪駅を約3時間で結ぶ世界最高速の鉄道として華々しく開業した。

 その後,1966年11月に山陽新幹線の建設に着手し,1972年3月に新大阪駅と岡山駅間を開業,1975年3月には,博多駅まで開通。当初6時間40分かかった東京駅と博多駅間は,1986年秋のダイヤ改正で,時速220kmの運転を実現して5時間59分を記録,遂に6時間の壁を破った。

 1982年6月には,東北新幹線,11月には,上越新幹線が大宮駅発で暫定開業し,1985年3月には,両新幹線が上野駅に接続し,その後,東京駅と上野駅との間がつながった。

 また,1992年3月からは,時速270kmで,低騒音の「のぞみ」が登場し,東京駅と新大阪間駅が2時間30分,1997年3月には,500系のぞみが新大阪・博多間で営業運転を開始し,最高時速300Km,東京駅と博多駅間が4時間49分となった。

 新幹線の開発,そして,誕生までの関係者の努力は,並大抵のものではなかっただろうし,その高速性,安全性,定時性,そして,大量輸送能力は,「顕著な普遍的価値」(Outstanding Universal Value)を有するものであり,わが国が世界に誇れる産業・技術遺産の代表格ともいえる。鉄道遺産(Industrial Heritage of Railways)については,センメリング鉄道(オーストリア),ダージリン・ヒマラヤ鉄道(インド)が,既に,ユネスコの世界遺産リストに登録されているが,わが国の新幹線については,どうであろうか?検証を試みたい。                  

                                       



日本の鉄道と新幹線の開発の歴史(略史)
1872年10月14 日 新橋(現汐留)・横浜(現桜木町)両停車場で開業式
18721015 開業
1874 511 大阪・神戸間開業
18772 6

京都・大阪間開業

1880 628 逢坂山トンネル工事完成
1880 1128 開拓史所管幌内鉄道手宮・札幌間開業 (北海道最初の鉄道)
1882 625 東京馬車鉄道新橋・日本橋間開業
1888 1028 伊予鉄道松山外側・三津間開業 (四国最初の鉄道)
1889 7 1 東海道線新橋・神戸間全通
1889 1211

九州鉄道博多・千歳川間開業  (九州最初の鉄道)

1891 7 1 九州鉄道門司港・熊本間(現鹿児島本線)全通
1891 9 1 日本鉄道上野・青森間(現東北本線)全通
1893 6 1

鉄道庁神戸工場にて蒸気機関車完成 (初の国産蒸気機関車)

1895 2 1

京都電気鉄道開業 (電気鉄道運転の始め)

1897 11 5

官設鉄道、主要駅で入場切符発売開始  (入場券の始め)

東京ー大阪間  15時間35分
1899 525

山陽鉄道、急行列車に食堂付1等車を連結  (列車食堂の始め)

19004 8

山陽鉄道、急行列車に寝台付1等食堂合造車を連結  (寝台車の始め)

1901 527 山陽鉄道、神戸・馬関(現下関)間(現山陽本線)全通
1906 331 鉄道国有法公布
1912 511

信越線横川・軽井沢間において、電気機関車EC40使用開始  (電気機関車営業運転の始め)

東京ー大阪間  11時間54分
1914 1220 東京駅開業
1917 523 鉄道院、横浜鉄道(現横浜線)において、広軌改軌試験を実施
1919 224 広軌改軌計画中止を表明
1922 1013 10月14日を鉄道記念日と定める
1925 11 1 神田・上野間開通により、山手線環状運転開始
1927 1230

東京地下鉄道、浅草・上野間開業  (地下鉄の始め)

1929 8 1

国鉄最初のディーゼル機関車(電気式)DC11型試運転開始 (ドイツより輸入)

1930 10 1 東海道本線、東京・神戸間に各等特別急行列車「燕」号の運転開始
東京ー大阪間  9時間(丹那トンネル開通後8時間
1934 東海道線丹那トンネル開通
1942 611 関門トンネル工事完成
1949 6 1 日本国有鉄道設置
1949 915
1950 1 1

東京・大阪間に特急「へいわ」号運転開始
「へいわ」号を「つばめ」号と改称

1954 1 6 青函トンネル工事着工
1956 1119 東海道本線全線電化完成
東京ー大阪間  7時間30分
1957 525 鉄道技術研究所、東京・大阪間3時間の超特急列車構想を発表
1958 111 東京・大阪・神戸間に特別急行列車「こだま」号の運転を開始
東京ー大阪間  6時間30分
1959年 9月4月 新丹那トンネル起工
1964 924 東海道新幹線 東京・新大阪間開業 (総工費3800億円)
東京ー大阪間 4時間
19641010 東京オリンピック  開会式
東京ー大阪間 3時間10分
1966 420 国鉄全線にATS装置を設置完了、全列車ATS運転となる
1972 315 山陽新幹線 新大阪・岡山間開業
1972 1014 鉄道開業100周年記念式典を挙行
1975 310 山陽新幹線 岡山・博多間開業
東京ー博多間 6時間40分
1982 623 東北新幹線 大宮・盛岡間開業
1982 1115 上越新幹線 大宮・新潟間開業
1985 314 東北・上越新幹線 上野・大宮間開業
東京ー博多間 5時間59分
1986 1210 財団法人鉄道総合技術研究所設立を運輸大臣が許可
1987 4 1 日本国有鉄道の分割民営化実施、6旅客鉄道株式会社(北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州)発足
1988 313 津軽海峡線(青函トンネル)開業
1988 410 本四備讃線(瀬戸大橋)開業
1991 東北・上越新幹線 東京駅乗り入れ
1992年 3月14日 東海道新幹線 「のぞみ」営業運転開始
東京ー大阪間 2時間30分
1992年 7月 1日 山形新幹線 福島・山形開業
1994年 東北新幹線 総2階建て車両マックス登場
1997年3月 500系のぞみ 新大阪・博多間で営業運転開始 最高時速300Km
1997年 3月22日 秋田新幹線 盛岡秋田開業
東京ー博多間 4時間49分
1997年4月 リニア新実験線 実験走行開始
1997年10月 1日 長野新幹線(北陸新幹線) 東京・長野間開業
1997年12月 リニア新実験線 有人走行最速 時速531kmを記録 
1999年4月 リニア新実験線 無人走行最速 時速552kmを記録
2000年3月 ひかりレールスター  新大阪・博多間供用開始
2002年12月 東北新幹線 八戸まで延伸
2004年3月13日 九州新幹線「つばめ」号,鹿児島中央(旧西鹿児島駅)〜新八代間開業
2005年3月10日 山陽新幹線 岡山・博多間開業30周年
2006年4月 次世代新幹線300X 実用化
<出所>鉄道総研等の資料を基に作成


東京駅にて 写真撮影 古田陽久
新幹線(The Shinkansen)   東京駅にて
   新幹線は,わが国が世界に誇れる産業・技術遺産の代表格。
誇れる郷土ガイドー関東編ー」 82頁参照。



ユネスコ世界遺産に登録されている鉄道遺産
Semmering Railway (Austria )
文化遺産 登録基準(ii) (iv) 登録年1998
The Semmering Railway, built over 41 km of high mountains between 1848 and 1854, is one of the greatest feats of civil engineering of this pioneering phase of railway building. The quality of its tunnels, viaducts and other works have ensured the continuous use of the line up to the present day. It runs past a background of a spectacular mountain landscape containing many fine recreational buildings resulting from the opening up of the area with the advent of the railway.
Darjeeling Himalayan Railway (India)
文化遺産 登録基準(ii) (iv) 登録年1999
The Darjeeling Himalayan Railway is the first, and still the most outstanding, example of a hill passenger railway. Opened in 1881, it applied bold and ingenious engineering solutions to the problem of establishing an effective rail link across a mountainous terrain of great beauty. It is still fully operational and retains most of its original features intact.

共通する文化遺産の登録基準(ii) (iv)
(ii) exhibit an important interchange of human values, over a span of time or within a cultural area of the world, on developments in architecture or technology, monumental arts, town-planning or landscape design
(iv) be an outstanding example of a type of building or architectural or technological ensemble or landscape which illustrates (a) significant stage(s) in human history



世界遺産化可能性のチェック・ポイント
Identification of the Property
□Country (and State Party if different)
State, Province or Region
Name of Property
Exact location on map and indication of geographical co-ordinates to the nearest second
Maps and/or plans showing boundary of area proposed for inscription and of any buffer zone
Area of site proposed for inscription (ha.) and proposed buffer zone (ha.) if any
Justification for Inscription
Statement of significance
Possible comparative analysis (including state of conservation of similar sites)
Authenticity / Integrity
Criteria under which inscription is proposed (and justification for inscription under these criteria)
Description
Description of Property
History and Development
Form and date of most recent records of site
Present state of conservation
Policies and programmes related to the presentation and promotion of the property
Management
Ownership
Legal status
Protective measures and means of implementing them
Agency / agencies with management authority
Level at which management is exercised (e.g., on site, regionally) and name and address of responsible person for contact purposes
Agreed plans related to property (e.g., regional, local plan, conservation plan, tourism development plan)
Sources and levels of finance
Sources of expertise and training in conservation and management techniques
Visitor facilities and statistics
Site management plan and statement of objectives (copy to be annexed)
taffing levels (professional, technical, maintenance)
Factors Affecting the Site
Development Pressures (e.g., encroachment, adaption, agriculture, mining)
Environmental Pressures (e.g., pollution, climate change)
Natural disasters and preparedness (earthquakes, floods, fires, etc.)
Visitor / tourism pressures
Number of inhabitants within site, buffer zone
Other
Monitoring
Key indicators for measuring state of conservation
Administrative arrangements for monitoring property
Results of previous reporting exercises
Documentation
Photographs, slides and, where available, film / video
Copies of site management plans and extracts of other plans relevant to the site
Bibliography
Address where inventory, records and archives are held



課 題
新幹線を文化財としてどの様にとらえ保護していくべきか
登録範囲Area of site proposed for inscription and proposed buffer zone)



参考文献
   世界遺産学入門ーもっと知りたい世界遺産ー   シンクタンクせとうち総合研究機構 発行
    世界遺産データ・ブックー2002年版ー   シンクタンクせとうち総合研究機構 発行    
    ●世界遺産ガイドー世界遺産条約編ー   シンクタンクせとうち総合研究機構 発行
    ●世界遺産ガイドー文化遺産編ーVモニュメント   シンクタンクせとうち総合研究機構 発行
    ●世界遺産ガイドー産業・技術編ー   シンクタンクせとうち総合研究機構 発行
    ●世界遺産フォトスー第2集 多様な世界遺産ー   シンクタンクせとうち総合研究機構 発行
    ●誇れる郷土ガイドー関東編ー   シンクタンクせとうち総合研究機構 発行








世界遺産と総合学習の杜に戻る
シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る
出版物のご案内に戻る
出版物ご購入のご案内に戻る