ユネスコの世界遺産委員会(World Heritage Committee)は,世界遺産条約の第11条に基づき,大火,暴風雨,地震,津波,洪水,地滑り,噴火などの大規模災害,内戦や戦争などの武力紛争,ダムや堤防建設,道路建設,鉱山開発などの開発事業,それに,入植,狩猟,伐採,海洋汚染,大気汚染,水質汚染などの自然環境の悪化による滅失や破壊など深刻な危機にさらされ緊急の救済措置が必要とされる物件を「危機にさらされている世界遺産リスト」(以下 危機遺産リスト)(List of the World Heritage in Danger)に登録することができます。

 危機にさらされている世界遺産リストに登録される場合も,自然遺産,文化遺産のそれぞれに登録基準が設定されています。自然遺産については,危機が顕在化している確認危険(Ascertained Danger),それに,危機が潜在化している潜在危険(Potential Danger)のそれぞれに3つの登録基準があります。また,文化遺産については,確認危険,潜在危険それぞれに5つの登録基準があります。

 現在,エルサレム旧市街と城壁(ヨルダン推薦物件・民族紛争),アボメイの王宮(ベナン ・竜巻,雷雨),チャン・チャン遺跡地域(ペルー・エルニーニョ現象からの風雨による侵食・崩壊,不法占拠,盗掘),トンブクトゥー(マリ 理由 砂漠化による侵食と埋没),ニンバ山厳正自然保護区(ギニア/コートジボワール・鉄鉱山開発,難民流入,森林伐採,不法放牧,河川の汚染),アイルとテネレの自然保護区(ニジェール・武力紛争,内戦),マナス野生動物保護区(インド・地域紛争,密猟),サンガイ国立公園(エクアドル・道路建設),エバーグレーズ国立公園(アメリカ合衆国・ハリケーン,人口増加,農業開発,水銀や肥料等による水質汚染),ヴィルンガ国立公園(コンゴ民主共和国・地域紛争,難民流入,密猟),リオ・プラターノ生物圏保護区(ホンジュラス・入植,農地化,商業地化),イシュケウル国立公園(チュニジア・ダム建設,都市化),ガランバ国立公園(コンゴ民主共和国・密猟,内戦,政情不安,森林破壊),シミエン国立公園(エチオピア  ・密猟,戦乱,農地の拡張,都市開発,人口増加),オカピ野生動物保護区(コンゴ民主共和国・武力紛争,森林の伐採,金の採掘,密猟),カフジ・ビエガ国立公園(コンゴ民主共和国 ・密猟,地域紛争,難民流入,過剰伐採に森林破壊,農地開拓,病気感染),ブトリント(アルバニア・内戦,略奪),マノボ・グンダ・サンフロ−リス国立公園(中央アフリカ・密猟),サロンガ国立公園(コンゴ民主共和国  ・密猟,住宅建設などの都市化),ハンピの建造物群(インド・つり橋建設,道路建設,農地化,自然破壊),ザビドの歴史都市(イエメン・都市化,劣化,コンクリート建造物の増加),ジュジ国立鳥類保護区(セネガル・サルビニア・モレスタ(オオサンショウモ)の繁殖),ラホールの城塞とシャリマール庭園(パキスタン・ラホール城の老朽化,都市開発,道路拡張に伴うシャリマール庭園の噴水の破損),フィリピンのコルディリェラ山脈の棚田(フィリピン・体系的な監視プログラムや総合管理計画の欠如),アブ・ミナ(エジプト・土地改良に伴う水面上昇による溢水),ジャムのミナレットと考古学遺跡(アフガニスタン・長年の戦乱等による損傷や盗掘,川からの浸水,遺跡地域の道路計画),ティパサ(アルジェリア・効果的な管理計画の欠如,粗末な維持,心ない破壊や汚損,都市化の進行),バーミヤン盆地の文化的景観と考古学遺跡(アフガニスタン・崩壊,劣化,略奪,盗掘などの惧れがある為,緊急登録),アッシュル(カルア・シルカ)(イラク・大型ダム建設による水没危険,それに,適切な保護管理措置の欠如の為,緊急登録),シルヴァン・シャフ・ハーンの宮殿と乙女の塔がある城塞都市バクー(アゼルバイジャン・2001年11月25日の大地震による損壊,都市開発,保護政策の欠如),コモエ国立公園(コートジボワール・野生動物の密猟,大規模な牧畜,管理不在),カトマンズ渓谷(ネパール・無秩序な都市開発による類ない建築デザインの消失)、バムの文化的景観(イラン・2003年12月26日の大地震による損壊等による緊急登録)、ケルン大聖堂(ドイツ・高層ビルの建設による都市景観の完全性の喪失)キルワ・キシワーニとソンゴ・ムナラの遺跡(タンザニア・管理体制の欠如)の35物件が様々な原因や理由により,危機遺産リストに登録されています。

 本書の初版「世界遺産ガイドー危機遺産編ー」(2001年7月)を出版した時には,30物件でしたが,結果的に5物件,増えたことになります。
 「危機遺産リスト」に登録されると,保全状況の報告が義務づけられます。

 危機遺産になっても,その後,保護管理の改善措置が講じられ救われた場合には,危機遺産リストから解除されます。例えば,ジュジ国立鳥類保護区(セネガル・保護管理状況/1984年危機遺産登録・1988年解除),ンゴロンゴロ保全地域(タンザニア・保護管理状況/1984年危機遺産登録・1989年解除),ガランバ国立公園(ザイール<現コンゴ民主共和国>・保護管理状況/1984年危機遺産登録・1992年解除),プリトビチェ湖群国立公園(クロアチア・内戦/1991年危機遺産登録・1997年解除),ドブロブニク旧市街(クロアチア・内戦/1991年危機遺産登録・1998年解除),ヴィエリチカ塩坑(ポーランド・結露/1989年危機遺産登録・1998年解除),イグアス国立公園(ブラジル・道路分断/1999年危機遺産登録・2001年解除),スレバルナ自然保護区(ブルガリア・堤防建設/1992年危機遺産登録・2003年解除),コトルの自然と文化ー歴史地域(ユーゴスラビア連邦共和国・地震/1979年危機遺産登録・2003年解除),イエローストン(アメリカ合衆国・鉱山開発,水質汚染,ゴミなどの観光公害/1995年危機遺産登録・2003年解除)、アンコール(カンボジア・内戦,浸食,風化,盗掘・2004年解除),バフラ城塞(オマーン・脆い日干し煉瓦の為,崩壊,風化の危機の為・2004年解除),ルウェンゾリ山地国立公園(ウガンダ・地域紛争・2004年解除などです。

 しかしながら,何の保護管理措置も講じられず改善の見込みがない場合には,大変不名誉なことですが,「世界遺産リスト」そのものから削除されることになります。これについては,これまでに事例はありません。

 世界遺産は,いつも,見えない危険にさらされています。これまでに,話題や議論に昇ったものでは,九寨溝(中国・工場からの廃棄物による汚染),グレート・バリア・リーフ(オーストラリア・水質汚染),カカドゥ国立公園(オーストラリア・ウラン鉱山開発),パハールプールの仏教寺院遺跡群(バングラデシュ・劣化),ヴェネチアとその潟(イタリア・海面上昇),ピリン国立公園(ブルガリア・スキー場開発),バイカル湖(ロシア・水質汚染),カムチャッカの火山群(ロシア・鉱山開発),エルビスカイノの鯨保護区(メキシコ・塩田開発),ガラパゴス諸島(エクアドル・外来種の侵入/タンカーの石油流出事故による環境汚染),マチュ・ピチュの歴史保護区(ペルー・脆弱地盤),アレキパの歴史地区(ペルー・地震)など予備軍は枚挙に暇がありません。なかでも,地震や風水害などの自然災害は,突然,急激に見舞われます。2002年8月に中東欧を襲った洪水により,ヴルタヴァ川の増水で,カレル橋の閉鎖,旧市街への立ち入り禁止など世界遺産のプラハの歴史地区も深刻な被害に見舞われました。

 また,世界遺産地に共通する課題として,ツーリズム・プレッシャーの問題があります。オーバーユース(過剰利用)に伴う交通渋滞,自動車の排ガス,ゴミ,し尿などの環境問題,観光客のマナーの問題として,ゴミの投げ捨て,立小便,自生植物の踏み荒らし,禁止場所での喫煙,たき火,釣り,植物採取などの違反行為,また,観光客の増加を当て込んだ新たな施設建設に伴う景観問題などが各地で問題になっています。

 世界遺産を取り巻く危険の中で,最も憂慮されるのが,人為的な戦争や紛争,開発行為による貴重な自然環境や文化財の喪失です。2003年の第27回世界遺産委員会パリ会議で緊急登録されたアフガニスタンの「バーミヤン盆地の文化的景観と考古学遺跡」やイラクの「アッシュル(カルア・シルカ)」についてももっと早く救済措置を講じておくべきだったのかもしれません。

 バーミヤンの石仏については,1983年12月に開催された第7回世界遺産委員会フィレンツェ会議で,当時のアフガニスタン政府から,The Monuments of the Barmian Valley(バーミヤン盆地のモニュメント)として,登録推薦がありましたが,世界遺産委員会ビューロー会議が付した,登録遺産の範囲の明確化などの条件を充足してないという理由から審議が見送られた経緯があります。

 私たちが住む地球をグローバルに見た場合,世界遺産条約を締約している178か国(2004年8月1日現在)だけが世界そのものではありません。世界遺産条約を締約していない国や地域もまだ20近くあります。

 世界遺産であるから救わなければならない,世界遺産ではないから救わなくてもとよいということでは決してないと思います。まず,身近かな自然環境や文化財から見つめ直し,美しい地球環境を保護し,また,先人が残してくれた貴重な歴史文化遺産を保存し,後世へと引き継いでいかなければなりません。

 危機遺産対策こそ,ユネスコの世界遺産条約の本旨ではないかと思います。既存の枠組みを越えた地球規模への発想の転換が求められています。

古田 陽久


改訂 2004年8月5日


(参考文献)シンクタンクせとうち総合研究機構 発行

世界遺産ガイド−特集 第28回世界遺産委員会蘇州会議−
世界遺産データ・ブック −2005年版−
世界遺産事典ー754全物件プロフィールー2003改訂版
世界遺産キーワード事典
世界遺産ガイドー情報所在源編ー

世界遺産Q&A −世界遺産の基礎知識−2001改訂版

世界遺産フォトス −写真で見るユネスコの世界遺産 −
世界遺産フォトス  第2集 −多様な世界遺産 −
世界遺産ガイド −危機遺産編 −2004改訂版

















世界遺産と総合学習の杜に戻る
シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る
出版物のご案内に戻る
出版物ご購入のご案内に戻る