シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内




機関名称 シンクタンクせとうち総合研究機構
和名略称 シンクタンクせとうち,せとうち総研
機関欧名 The Setouchi Research Institute
欧名略称 SRI
郵便番号 〒731-5113
住  所
広島市佐伯区美鈴が丘緑三丁目4番3号
4-3, Misuzugaoka‐midori 3-chome, Saeki-ku, Hiroshima-city, Japan
電  話 TEL 082-926-2306
ファックス FAX 082-926-2306
ホームページ(HP) 世界遺産と総合学習の杜
U R L http://www.dango.ne.jp/sri/
電子メール sri@orange.ocn.ne.jp
設立年月 1990年10月
沿  革 1990年10月 シンクタンク瀬戸内総合研究機構を設立。
1995年4月 シンクタンクせとうち総合研究機構に名称変更。
1998年9月 付属機関として,世界遺産研究センター設置。
2001年4月 世界遺産研究センターを世界遺産総合研究センターに名称変更。
2002年10月 世界遺産総合研究センターを世界遺産総合研究所に名称変更。
事業目的 人間居住の総合的環境の形成
事業概要

環瀬戸内海地域の社会・経済・政治の調査研究を目的に1990年10月設立。現在は,研究領域も,ユネスコの世界遺産や人類の口承及び無形遺産、メモリー・オブ・ザ・ワールド、人間と生物圏計画(MAB)などの研究を通じての地球環境,人間居住,国際平和など人類を取り巻く様々な課題など多様化している。これに伴って,研究対象地域もボーダレス化し,全国的,そして国際的な展開を図っている。

We are now studying the greatness of the globe and the achievements of human beings through UNESCO World Heritage all over the world. UNESCO World Heritage suggests us how to be and live for the 21st century. We will propose the better way to be together with the globe for us, human-kind, in the future.

行動理念 世界の素晴しい自然,歴史,風土,産業,文化,技術,人,ネットワークを日本に紹介,また,日本のこれらを世界に紹介していくことにより,地球環境の保全,世界の平和と人類の幸福に寄与,貢献する。
組織形態 非政府機関(NGO), 学術教育文化研究機関
代表者 古田陽久
常  勤 2名
事業運営 男女共同参画型の運営を実践(Gender-equal Operation)
事業形態 調査研究事業,出版・映像事業,教育研修事業,
データ・サービス事業
業務内容 (1)望ましい国土,地域,まちづくりの調査研究
(2)国内外の地域資源情報の収集,分析
(3)受託調査(アンケート,特定テーマ)
(4)外部評価・モニタリング
(5)SRIデータ・サービス
(6)SRIデータ・サーチ
(7)コンサルティング&カウンセリング
(8)講演,シンポジウム
(9)政策提言
(10)国際交流
(11)草の根交流
業務展開 研究領域,研究対象地域も全国的,かつ,国際的に拡がっている。
業務目標
  • 知識創造
  • 日本のフロンティアへ
  • 総合力の発揮
  • 各方面,各分野,各界との連携強化
  • 北東アジアの研究
  • 環日本海エリアの研究
  • 異文化理解
  • 国際交流
  • 国連はじめ国際機関,国際機構の研究
  • 国際貢献,社会貢献の研究
  • 国際会議への出席
  • その他
2005業務計画
  • 「世界遺産ガイド」シリーズと「誇れる郷土ガイド」シリーズとのリンケージ
  • 全国的な視点でのテーマ特集
2005キーワード 多様化,多角化,多元化
将来構想
  • 名称変更(シンクタンクせとうち総合研究機構 → XXXXXXXXX
スローガン 既成概念を超えて
マインドシップ フレンドシップ,パートナーシップボランティアシップ
受託相手 民間企業,国,地方自治体,研究機関,各種団体
得意手法
  • プロジェクト毎に独自のネットワークを活用し情報を収集。研究成果を出版物,プレス・リリースなどで公表している。また,情報の集積とリニューアルを日常業務化し,新たな研究テーマへのスパイラルな展開を心がけている。
  • Prototype, Application and Version-up
研究対象地域 地球的規模
研究対象分野 学際・複合・新領域
現在の研究テーマ 地球環境国際平和世界遺産郷土・ふるさと 国土・地域・都市づくり情報源
自主研究 「ボイスン地方の文化空間」(The Cultural Space of the Boysun District)
「台湾」(Taiwan)
海外の世界遺産登録運動の動き
全国の世界遺産登録運動の動き
共同研究 西南師範大学(中国・重慶市) National Parks Lab Research Program
国際交流 ウズベキスタン中国,台湾
今後の研究課題 (1)21世紀の総合的研究,日本の魅力,日本の社会システム,   
日本の公共政策課題(公共機関,公共施設,公共交通,公共料金等)
(2)異文化理解
(3)国連はじめ国際機関,国際機構の研究
研究体制 プロジェクト毎に全国ネットワーク型の調査・研究体制を執っている。
研究会 99研究会
研究担当 古田陽久(世界遺産論,世界遺産研究,人類の口承及び無形遺産の傑作研究,環境教育,国際交流,ユネスコ等国際機関の研究,日本語教育の研究)
機関紙 「カレント・ウオッチ」
データベース (1)国別
(2)47都道府県別
(3)12政令指定都市659市23特別区1,990町568村(3,252市町村)
所蔵資料
  • 文字テキスト(タイトル,アブストラクト,フルテキスト)
  • 写真
  • フィルム(ポジ,ネガ)
  • ビデオ
  • CD-ROM
  • 地図
  • 統計
  • 文献(書籍,ニューズレター等)
  • 情報所在源
講  座 「世界遺産講座」
(カレッジ,公民館,生涯学習センター,カルチャーセンター等)
個人会員制度 有り(年会費 3,000円)
会員制サービス等 (1)定期刊行物の送付
(2)SRIリサーチ・サービス(会員料金)
(3)SRIデータ・サービス(会員料金)
(4)SRIデータ・サーチ(会員料金)
(5)特定情報サービス
(6)その他
連携機関
(国内) 環境省国立環境研究所環境情報センター
INFOTERRA国内情報源台帳
(海外) 国連環境計画(UNEP)
INFOTERRA(国際環境情報源照会システム)

<検索用語>

人間居住(16000)
社会指標(16464)
  • 社会経済要因(16468)
  • 文化指標(16409)
  • 観光(16470)
  • 旅行(16472)
  • エコツーリズム(16417)
環境管理(15000)
  • 社会調査(15278)
  • 環境指標(15242)
  • 環境政策(15244)


(海外) Culture & UNESCO
文化台湾発展協会(Culture Taiwan Consortium)

関係機関 (国内)世界遺産総合研究所
(国内)21世紀総合研究所

(国内)社会情報総合研究所
サポーターズ ネットワーク
国内外 300箇所
札幌,小樽,青森,盛岡,仙台,秋田,山形,福島,水戸,宇都宮,前橋,高崎,浦和,川口,千葉,東京,八王子,横浜,相模原,鎌倉,新潟,富山,金沢,福井,甲府,長野,佐久,岐阜,静岡,浜松,名古屋,岡崎,津,彦根,大津,京都,大阪,豊中,神戸,姫路,奈良,和歌山,鳥取,松江,岡山,津山,福山,呉,広島,岩国,山口,萩,下関,徳島,高松,松山,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,串間,鹿児島,那覇,浦添,糸満,イルクーツク,タシケント,サマルカンド,ソウル,大連,北京,重慶,蘇州,広州,香港,台北,クアラルンプール,シンガポール,メルボルン,シドニー,ロンドン,パリ,ミラノ,ローマ,グラナダ,グラーツ,カイロ,ヌエイバ,ニューヨーク,ワシントン,ロスアンゼルス,サンフランシスコ,メキシコシティ,サンパウロ,ほか
使用言語 日本語,英語,フランス語,(スペイン語),(中国語),(ロシア語),(アラビア語)
コンピューター
アプリケーション
Microsoft Windows 2000
受託基準 有り(目的,テーマ,内容,予算,納期)
定期刊行 世界遺産(シリーズ)
世界遺産ガイド (シリーズ)
世界遺産データ・ブック(年度版)
文化遺産(シリーズ)
ふるさと(シリーズ)
誇れる郷土ガイド (シリーズ)
ISBNコード 9900145
916208

86200
ネットワーク
UNEP INFOTERRA        
ACCU(Asia/Pacific Cultural Centre for UNESCO)(古田陽久が個人会員)
日本ユネスコ協会連盟(古田真美が個人会員)
ICOMOSFURUTA Haruhisaが個人会員)
TICCIH(FURUTA Haruhisaが個人会員)
日本イコモス国内委員会(古田陽久が個人会員)
日本民族学会 (Japanese Society of Ethnology)(古田陽久が個人会員)
EICネット
(国立環境研究所)

摩周湖ファンクラブ(摩周湖世界遺産登録実行委員会)
環日本海アカデミック・フォーラム(事務局:京都府庁企画参事)
ふじさんネットワーク(事務局:静岡県環境部富士山保全室)
富士山1億人委員会(事務局:山梨県富士山ボランテイアセンター)
阿蘇ファンクラブ(個人会員)
全国グリーン・ツーリズム協議会
社団法人 日本書籍出版協会
(JAPAN BOOK PUBLISHERS ASSOCIATION)

文化台湾発展協会(Culture Taiwan Consortium)
書籍データ
業務実績

発刊書籍
当シンクタンクの出版物が参考文献等として取り上げられている書籍・雑誌・資料・データベース・Web等。 ○「国際協力」(4つのデータから見る文化遺産 2003年11月号 独立行政法人国際協力機構)
○「世界遺産大図鑑」(小学館)

○「世界遺産学を学ぶ人のために」奈良大学文学部世界遺産を考える会編(世界思想社)
○「世界遺産に関する本」(福島県立図書館)
世界遺産登録による県勢活性化調査(和歌山社会経済研究所)
○「世界遺産」(ソニー
○「世界遺産知識網」(台湾 行政院文化建設委員会)
最近の関連記事 地球の歩き方MOOK見て読んで旅する世界遺産 136〜141頁 ダイヤモンド・ビッグ社 2002年8月8日),朝日新聞(広島版 2002年7月13日),毎日新聞(奈良版 2001年4月26日),朝日新聞(奈良版 2001年4月27日),産経新聞(奈良版 2001年4月27日),日本工業新聞(書評「誇れる郷土ガイドー全国47都道府県の観光データ編ー」 2003年10月21日),奈良新聞(奈良版 2001年4月27日),毎日新聞社(和歌山版 2001年8月28日)北海道新聞(2002年8月17日夕刊),東奥日報(2002年8月23日夕刊),北海道新聞(釧路・根室版 2001年11月19日),釧路新聞(2001年11月22日),〔エピソード〕未来への贈り物 北海道遺産
最近のトピックス
  • ボイスン・バホリ 野外民俗芸能フェスティバル 国際学術会議(2002年5月)に出席。
  • 朝日現代用語「知恵蔵2002」の別冊付録キーアドレス[最新・現代日本団体名簿]に当シンクタンクせとうち総合研究機構が掲載されました。(同別冊付録125頁参照)
当シンクタンクの協力
  • THE WORLD HERITAGE ユネスコ世界遺産 ビデオ全集 ユネスコ「世界遺産」(VHS36巻) 解説書
  • NHK「週刊こどもニュース」(2000年01月23日放送)
  • テレビ東京「クイズ赤恥青恥」(2000年01月19日放送)
  • RKB毎日放送「スタミナラジオ」(2000年06月05日放送)
  • 英文総合雑誌「THE EAST」(2000年1/2月号)
  • 学研「Pasotea」(2000年8月号)
  • あさひ銀行「くらしのゆとりポケットBOOK」(2000Summer)
  • 世界文化社「ナンクロ 失われた世界大特集」(2000年11月号)
  • 阪急電鉄「TAKARAZUKA THE WORLD HERITAGE 2001」(2001年1月号)
  • 三修社 「ENCOUNTERING OUR WORLD HERITAGE」(2001年2月)
  • 三修社 「EXPLORING OUR WORLD HERITAGE」(2001年2月)
  • 沖縄映像センターDVDビデオ 「城(グスク)」プロトタイプ制作(2001年3月)
  • 郵趣サービス社 「世界遺産シリーズ」(2001年3月)
  • 工業調査会「機械と工具」6月号Bookaround(2001年6月)
  • エフエム富士「ON THE FREEWAY」(2001年8月19日放送)
  • 国際連合広報センター(2001年8月)
  • 毎日新聞社「西論風発 熊野古道の整備急げ」(2001年8月28日)
  • 現代用語の基礎知識 2003年版(自由国民社) 話題学 「ユネスコ危機遺産」
  • 福音館書店「母の友」(2003年3月号)もうちょっと知りたいな世界遺産
  • 文化台湾発展協会/行政院文化建設委員会(2003年8月)「世界遺産Q&A」
  • NHK札幌放送局「北海道クローズアップ」 (2003年10月3日放送
  • 中部日本放送(CBC)「小堀勝啓の心にブギブギ 心にレレレ」(2003年10月7日放送)
  • JTBカルチャーサロン 文化講座 アジア・オセアニア・ヨーロッパ「シリーズ・世界遺産を旅する」(2003年10月〜2004年3月)
  • (財)日本交通公社「観光文化」2003年11月号
  • 宗像市世界遺産登録実行委員会研修会(2004年4月
  • 出羽三山・世界遺産プロジェクトへの指針−出羽三山と周辺地域の文化的景観−」(山形県庄内地方町村長・議会議長合同懇談会)2004年5月
  • 鉱脈社「西米良村の挑戦」2004年6月
  • クラブツーリズム「世界遺産プラザ 開講記念講座」(2004年7月
  • 北陸中日新聞「検証 世界遺産への道」(2004年8月7日、10日)
  • 地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)2004年12月
  • 関西日豪協会2005オーストラリア・デイ記念講演会2005年1月26日
  • 共同テレビジョン「ポカポカ地球家族」 (テレビ朝日系列)(2005年2月
  • 朝日新聞社発行「朝日ジュニア百科2005」(2005年3月
当シンクタンクや当シンクタンクの出版物のことが紹介されている媒体・ダイレクトリー等
  • シンクタンク便り
  • 和歌山社会経済研究所
  • 広島県専門情報機関ガイド(広島県立図書館)
  • 2004年度版 専門学校 教材カタログ(エイ・アイ・ケイ出版部)
  • 小・中・高等学校への環境教育支援団体紹介名簿(ふじさんネットワーク)
  • NPOブックカタログ2005(地球環境パートナーシッププラザ、環境パートナーシップオフィス)
  • 図書館に備えてほしい本の目録2005年版 「人文科学の現在と基本図書」編(社団法人日本書籍出版協会 社団法人日本図書館協会)







世界遺産と総合学習の杜に戻る
出版物ご購入のご案内に戻る
出版物のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る